早期退職 ~その後の生活&再就職活動~

どん詰まりの日本経済の中で、大手企業による早期退職制度を活用したリストラが本格化しています。

従来までのリストラ対象者は、50代が中心だったので、退職金割り増しで済んでいたのですが・・・
近年は、早期退職の対象者が40代・30代へと若年齢化しています。

とんでもない時代に突入した現在、家族の生活とビジネスキャリアを両立させる事は非常に難しくなってきました。

早期退職制度に手を挙げるべきか?否か?

会社にしがみつけば、給料減少・ボーナスカット
しかも、会社の業績は年々悪くなる一方なので、定年退職まで企業が存続している保証はない

ただし、早期希望退職プログラムにのって退職しても、子供の養育費や住宅ローンがまだ残っている状態。
しかも、その後の再就職の保証は全くないわけだから、決断できない。。。

非常に悩みの深い問題ですね。

それでは、各年代毎の対処方法を見ていきましょう!

>>>>>>>
30代
有利な転職をする為の限界年齢と言われているのが35歳。
30代半ばを境に選択肢が狭まってきます。
もしも現在勤めている会社で不穏な空気を察知したら、転職準備をしておく事をおススメします。
30代の早期退職について
>>>>>>>
40代
40代で早期退職者候補になると、定年退職まで会社に残る事は無理です。
いずれ追い出されるのであれば、有利な条件で転職できるうちに仕事を変えるのがベター。
とはいえ転職活動は苦戦を強いられるので、転職サイトを使いこなして情報武装しましょう。
40代の早期退職について
>>>>>>>
50代
現在の50代は、少しでも現役時代を長く保ちたい状況です。
年金支給年齢がどんどん先送りされる状況なので、この時期に老後の生活資金を蓄える必要があります。
目先の年収ダウンに目をつむり、長く働ける仕事を見つけましょう。
50代の早期退職について

このページの先頭へ