低年齢化する早期退職プログラムへの対応

30代の場合

「えっ、30代で早期退職!?」と思われるかもしれないですが、JAL、ソニー、三越といった日本を代表する大企業で、30代の早期退職プログラムが最近実施されています。

だから、驚くことではなく「これからはそういう時代になったんだ」と認識を改める必要があるでしょう。

30代の場合は、会社が早期退職プログラムを検討している事を知ったら、
すぐに複数の転職エージェントに登録して、自分の市場価値を確認しましょう。

まずはあなたの市場価値を把握する事が大事なので、大手3社程度でいいでしょう。

例えば、下記のようなところです。

上記のような有名どころへ登録しておけばOKです。

そこで、あなたの職務経歴の棚卸しをして、転職可能な候補企業と年収を把握します。
その後は、諸条件を見比べて、転職すべきか否かを決断するのが良いでしょう。

大概の場合は、早期退職制度を打ち出す会社に残留するより、新規で求人募集している会社のほうが将来性はあると思います。

対処方法のまとめ

最後に30代で早期退職を決断するポイントをまとめておきます。
早期退職制度の噂を聞いたら、速効で転職エージェントに登録して、自分の市場価値を把握する事です。

そして、現職と同程度の条件で転職可能だと判ったら、早期退職制度に応募するのが得策です。

条件が悪くなりそうな場合(勤務地や年収)は、自分に足りないスキルは何かを見極めましょう。 今回は現職に留まり、自分に足りない部分を磨くキッカケにすべきです。

早期退職を募集を開始する企業は、今後何年間にもわたってリストラをします。 2回目、3回目でチャンスを手に出来るように準備をしておくことが必要でしょう。

このページの先頭へ